もっしーなろぐ

軽度知的障がいとASDを持つ二人の子どもの母であり、障がい児・者支援分野で働くNsであり、夫と共にローン返済に翻弄するアラフォーの雑記ブログ。最近は子どもの教育やダイエットを中心に呟いています。

台風と私と副業と~お金も大事だけど命と健康も大事~

みなさんこんにちは。

今週末は南関東に台風が来るらしいですね。

深夜に最接近で大雨らしいですね。

ですねですね~。

 

いや~、参った参った。

何が参ったってわたくし、平日は本職をして土日は副業夜勤をしているので、次回副業中に台風をもろにこの身に受ける可能性大なのです。

 

「いや、建物の中に居れば大丈夫でしょ?職場に無事到着できればいいんじゃない?」って思うでしょ?

う~ん、違うんだな~。

f:id:himawari0growing:20201008105146p:plain

私はちょっぴり珍しい「居宅訪問系看護師」の「夜勤」を副業としてしておりまして、出勤後も外回りなんです。

そして、それなりの都会で細かい道が張り巡らされた地域で働いております。

これでもかと言うほどおうちがいっぱいひしめいており、幹線道路を中心として他は狭い道ばかりのところです。

訪問事業系の車両だろうとなんだろうと一瞬の路駐もできません。

駐車スペースが余分にあるおうちもないです。

そして一方通行だらけ。

車を運転してすぐそばの場所に行くにも、遠回りせざるをえないことが多いです。

大通りに出たと思ったら渋滞しているし・・・・イライラ

車で行こうとすると時間短縮どころか、逆に時間のロスになってしまいます。

都会で車で訪問系事業を回そうとするなんてナンセンス!

よって車両を保有する必要はなし!

駐車場代もバカにならないから、経費削減の為一切持ちません!!

という事業所です。

 

その為、お宅訪問をするために使用するのは電動自転車です。

チャリですよ、チャリ。

悪天候の日はポンチョを羽織り、真冬の時期は防寒対策をバッチリして、各家から夕食の香り漂う夕方だろうと、飲み屋街がにぎわう夜中だろうと、朝日が昇り始める静かな早朝だろうと、気にも留めず街中を自転車で滑走してきたわけです。

結構激務なんですが、病院や施設の中で夜勤をするよりも良いお給料をいただいております。

だって、完全一人夜勤なので。

何かあっても基本すべて私が一人で対応です。

一人暮らしの利用者さんが家の中で倒れていても、変な話「死んでいても」(看取り対応もあるので)。

色々な所に連絡を取って調整しながらご本人への対応もして、その後に控える訪問も普通にこなさなければいけません。

同じ時間に私以外に勤務している人もいませんし、夜中なので他の職員に電話して質問したり助けを求めるわけにもいきません。

慌てたり混乱しても仕方ありませんし、とにかく一人で落ち着いて淡々と対応です。

おかげで給料は良い方ですよ、本当に・・・・。

 f:id:himawari0growing:20181001220143p:plain

 

 

でも台風はさすがにまずくない?

一人勤務なので、もし夜中に職場近所の川に落ちて流されたとしても、目撃者もいないだろうし、誰にも気付かれずに死んじゃうんだろうな~・・・。

う~ん。

怖いけど、「だから休みます」ってできないんですよね。

どんな状況でも利用者さんにとって、社会にとっての需要は変わらないわけだし。

居宅訪問系支援なくして生活できないという人は、台風だろうが大雪だろうが地震だろうが、医療福祉が必要な状況は変わらないわけで・・・・

新型コロナでもそうだったけど。

(あ、現在進行形か)

 

嫌だと思っていても、私にも看護師としての責任があるし、ン年のお付き合いをしてくれる職場の人たちに迷惑をかけるわけにもいかない(私が休めば代わりに誰かが勤務しなければいけないだけだし)。

安全に気をつけて(言っても限界あるけど)、覚悟を決めて嵐の中で自転車こぎに行ってくるしかないですね(業務内容ソレじゃないけど)。

 f:id:himawari0growing:20201008105411p:plain

 

コロナ禍で失業率が増加傾向にあります。

みんな生活のために働かなければいけません。

必死に求人を探し、少しでも多く稼げる仕事を見つけようとしているのでしょう。

数年前の私のように。

何が言いたいかって言うと

それでも無茶な選択はしないようにしてください。

ってことなんです。

 

副業だけど人を支えられるこの仕事が好きで、誇りも感じて、休みないけどお金を稼がなきゃいけないから、大変だけど頑張ろうってやってきましたが・・・

さすがにこういう時は後悔しますね。

こういう仕事を選び、続けてきたことを。

 

コロナ禍により経済状況が散々たる状況だからか、最近私の過去の貧乏ネタや副業に関する記事を読んでくれる方が増加傾向にあります。

訪問していただきありがとうございます。

気持ちは痛いほど分かります。

でも健康第一で安全に働ける場所を選びましょう。

健康な身体で生きていれば、いつでも稼げます。

時間はかかりますが、借金も必ずなくなります。

 

f:id:himawari0growing:20171014221320p:plain

 

では皆さん、無事に来週お会いできることを願っております。

よい週末を。

アディオス!