もっしーなろぐ

①発達障害がある子供と家族のお出かけ情報②任意整理体験談③節約生活&副業的日常④公的制度や保険等々。色々雑記ブログ

知的障がい児のおススメ学習ドリル【支援者がいれば普通級の授業に参加できるお子さん編】

みなさん、こんにちは。

今日は小学生レベル以上の教材を使用して学習可能なお子さんにおすすめのドリルの紹介をしたいと思います。

先ず学校以外の場所でも面白くない・興味のない・面倒な学習の教材に少しでも関心を向けられる工夫がされていることが大切です。

お子さんが関心を向け、視線を向けて手に取り、自分でパラパラとめくりたくなる、そして難易度も高くなく「これならできるかも」という安心感を感じることができる内容であることが重要です。

先ずはお子さんがきちんとやりきれることを目標に、「これくらいできるようになってほしい」と願望混じりの親目線で選ばないように注意しましょう。

   f:id:himawari0growing:20190813203229p:plain

 

「うんこ」シリーズ

言わずと知れた話題のうんこドリルです。漢字は問題というよりも書き取りの練習。うんこをもじった例文もあり、声に出して読む練習もできます。

算数や平仮名・カタカナなどバリエーションが豊富なのも嬉しいところ。

どれも基礎の定着を重視した内容で難易度低めです。

面白く簡単だから学習も長続きします!

「うんこ」と声に出すことに抵抗があるお子さんには難点があるところが残念ですが。我が子はうんこ好きですが、恥ずかしいのか小声で読んでいます(笑)。

我が家は国語・算数一体型の夏休みドリルを一年かけて少しずつやっています。

特に冬休み・春休みは学校の宿題がほぼ無いのでこの時にこういうものによく取り組みます(夏休みドリルだけど)

 

「ドラゴンドリル」シリーズ 

RPG風の格好いいドラゴンや恐竜が好きなお子さんにはこちら!

問題を解き進めていくと複数の格好いいキラキラドラゴンが復活(!?)します。

内容も単純で取り掛かりやすいです。

  

「おはなしドリル」シリーズ

 我が子たちは幼い時から言葉の発達がなかなか思うように進まず、そのせいか国語は好きでも文章読解問題は非常に苦手という難点を抱えております。

文章読解なんて国語の中枢のようなものなのに・・・

そこでこのシリーズの力を借りることにしました。

一冊一冊に色々なテーマがあります。危険生物、宇宙、生き物、恐竜、人の身体などの科学分野から世界の国々や都道府県、笑い話、気持ち、怖い話など、なにかしらお子さんの興味を引くものが見つかるのではないでしょうか。

 ただ低学年用でも「人のからだのおはなし」は2年生の2番っ子には難しかったみたいです。

脳の説明とか文章でされてもドコまでわかったのかなぁと。その辺はまだイラストとかで学ぶ段階だったかも。

でも6年生の1番っ子には苦手分野に取り組むには丁度良いみたいです。

文章自体は新たな知識を得るには丁寧でとても良い内容なので理科や社会に関するものを揃えて少しずつ取り組んでもらおうと考えています。

 

目指せ、普通高校進学!!

我が家は学習の基本は子ども達がより気軽に行うことのできるWEB学習のデキタスですが、時々こういう勉強方法も取り込んで教科書やプリント学習の補強を図ってします。

というのも1番っ子は来年はもう中学生ですが、中学校でも支援級に入る予定です。本人もその方が安心して勉強や学校生活に取り組めると支援級進学を希望しています。

これまで支援級から普通高校に進学する例は少ないと言われてきましたが、別に制度的に不可なのではなく実際には大半が学習面や内申点から他の進路を選んだということらしいのです。

1番っ子は普通高校進学を希望しています。私が住む地域では一部公立の普通高校の中に障がい児が通えるシステム・支援組織を作る動きが広がっており、数は多くないですが既に何校か設置されています。

受験の際にそこの組織への進学枠を受験するか又は普通高校の一般枠を受験し進学するかは、また3年後の考えるとして今は漠然と地域の普通公立高校に進学するための学力や年齢相応の生活態度を身につけるように日々を送っています。

   f:id:himawari0growing:20190222221216p:plain

3年後、どちらでも本人の意思で選択できるように・・・・