もっしーなろぐ

軽度知的・発達障がい児の子育てについて&貧乏生活等々色々雑記ブログ

老人ホーム選びのポイントは?まずは何からすべき?「アグレにじ北名古屋」の虐待事件を受け50以上の施設を見てきた看護師(私)が伝えたいこと

皆さん、こんにちは。本業をしつつ今週も夜中に訪問看護と有料老人ホームでパートに勤しみソコソコ忙しい30代主婦(私)です。
f:id:himawari0growing:20181001220450p:plain
      (たまには1日休みが欲しい)

現在の副業はこの2つのみですが、去年の今頃は派遣看護師として自宅から1時間圏内の有料老人ホームや特別養護老人ホーム、デイサービス、訪問入浴等々、様々な高齢者福祉サービス事業所で働いていました。そりゃあもう様々なところに行き色々とやりましたよ。
しかしうちの家族以外は私のそんな過去(?)等知らないはずなのに本当にたまたまなんでしょうけど、訪問看護のお客さんや知り合いから「実際に老人ホームってどうなのよ?」みたいな質問を最近よくされます。将来のご自分の生活不安や家族の介護力の限界等から行く行くはと検討しているみたいで、私も周りでそういう話題が出てくる年齢になったんだなぁと考える今日この頃です。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181029-00009036-cbcv-sociheadlines.yahoo.co.jp先月、愛知県北名古屋市の老人ホーム「アグレにじ北名古屋」で看護師らによる虐待行為が発覚しました。要介護5の90代の人に対しての暴言・暴力。要介護5ならばきっと抵抗らしい抵抗もできない状態だっただろうと思います。非力な人に対してこのような行為をする人間がいるなんて、本当に許せないです。しかも音源を聞くと当事者は笑って楽しんでいるし、これはかなり悪質で犯罪行為と認定してもいいのではと思ってしまいます。
このようなことがあると、老人ホームに入居しても酷い目に合うんじゃないだろうかと不安になってしまいますよね。
f:id:himawari0growing:20181004125015p:plainそもそも老人ホームとは、主に介護保険法の制度の対象になる方が入居する施設です。介護保険法の対象とは基本的に65歳以上で介護や支援が必要な状態の方を指します。
但し特定の疾病により介護が必要な方であれば40歳からでも要介護認定の対象と見なされます。そのため老人ホームと言えども40歳代の方が生活されていることもあったりします。
反対に介護や支援が必要ない状態の方でも介護保険適応外で全額自費負担すれば利用できる老人ホームもあります。入居金があったり無かったり、入居条件や期間が定められていたりいなかったり、月々の利用料金に雲泥の差があったり、施設によって特色は様々です。
それについては色々なサイトで詳しく分かりやすく説明されているので、興味がある方はじっくり読んでみてください。


老人ホームへの入居を検討し始めたら・・・

で、じゃあ私は今回何を言いたいかというと、複数の施設を見てきた上で、パンフレットの写真やネット上の口コミ、施設長の案内や説明などでは、ご自分やご家族の大まかな入居先を決めないでほしいということです。
入居した人が受けるサービスは主に介護職員や看護職員による「直接支援」ですが、やはりこの「直接支援員」の質を重視してほしいのです。それこそ優先順位としては1番に。
どんなに高級感溢れるきらびやかな施設でも支援員の人が冷たかったりイライラしながらお仕事しているようなところでは、楽しく生活することは出来ないからです。職員も人間ですからプライベートで何かがあれば落ち込んだりすることも当然ありますが、優しい人はどんな時でも利用者さんにはきちんといつも優しいです。
f:id:himawari0growing:20181001220143p:plain
逆に利用者さんにあからさまにイライラしたりタメ口で威張っている人は、機嫌の良し悪し関係なくいつでもそんな感じです。そしてこういう職員は多くの施設に普通にいます。本当に多いですよ。
利用者さんはそれに対して委縮していたり怒っていたり呆れていたり・・・
良心的な職員の中には注意したい気持ちもありますが、こういう職場ってチームプレーが必要であり職員間の関係をこれ以上悪化させない、他の職員に変に気を使わせたくない等々の理由により中々言い出せなかったりします。ましてや派遣職員なんて施設に直接雇用されている職員について物申すなんてできないし(派遣元から止められているので)。どうしても見ていられないのであれば、ひっそりと退職してその場からいなくなる⇒「自分も!」とその他の良心的な職員がどんどん退職していく、という悲しい現象が起こります。これも結構よくあることです。
f:id:himawari0growing:20171021203707p:plain
このような点について利用者さんの反応は様々ですが、この点は働いている側に立たないと気付かないかもしれません。多分ご家族やお友達が面会に来るくらいではわからないと思います。上記の「アグレにじ北名古屋」で発覚した虐待はたまたま目にする形となった氷山の一角でしょう。明らかにされないだけでまだまだ見えないところに問題はたくさんあると思います。
f:id:himawari0growing:20181030104506p:plain


施設によっては入居してしまえば、ご本人の意思で気軽に外出すらできなくなってしまいますし、毎日の食事のメニューやスケジュールも管理されます。入居前にはなかった窮屈さが生じることは間違いないでしょう。しかしこの窮屈さも直接支援に携わる方の接し方によって、「皆がいつも良くしてくれている」または「ここは刑務所みたいだ」のように評価が大きく別れるわけです。えぇ、まさに天国と地獄ばりに。f:id:himawari0growing:20181029112443p:plain
この点は建物のつくりや装飾などのハード面をどんなに整えたところで、きちんとできるものではありません。接遇や虐待防止の研修を充実させても職員数を増やしても、働く人間のキャラクターを変えることはできないのです。
上記の虐待の件では北名古屋市の行政側のコメントを見ると「適切な人員配置や研修が虐待を防ぐ」とでも言いたそうですが、この看護師らはどんなにそれが充実していたとしても問題が発覚しない限りは密室での虐待行為を続けていたと思います。

f:id:himawari0growing:20170930055434p:plain

「アグレにじ北名古屋」を運営する法人側の対応は、当該看護師らに厳重注意をした上で被害者の方の担当から外したとのこと。
「それだけ?!」て思うでしょうが、それだけなんですよ。なぜならこういう施設は、最低限〇〇職の人を毎日〇人施設内にいさせなければならないという行政が定めた決まりがあり、これを守らなければいけないのです。これを最低人員配置基準というのですが、この基準を満たした運営をしなければ行政からの注意だけではなく報酬を下げられて経営が難しくなったりするのです。
福祉業界は年中人手不足といわれており、国の報酬改定により段々経営も厳しくなり廃業・倒産が増加しています。福祉経営は過酷な時代のなかにありますが、そんななか安定した経営を維持するためにもまず最低人員配置基準は必ず満たさなければなりません。利用者さんを馬鹿にしたりいたぶって楽しむような人でも即クビにはできないんです。
利用者さんを守りたいのですが経営もしなければいけないので、管理者は葛藤しつつも虐待をした張本人たちを雇用し続けるでしょう。ただしこれだけ大きな問題になったんだからこの人たちは自分から退職すると思いますがね。
f:id:himawari0growing:20170929194804p:plain

このような問題を見抜き身の安全を守るためには、「施設見学」が必須です。施設見学の申し込みは【老人ホーム/高齢者向け住宅探すのなら かいごDB】のようなサイトからも気軽にできるので興味がある方は申し込んでみてはいかがでしょうか。
いやいや、忙しくて見学は当分行けないけど資料請求だけなら・・・という方は【老人ホーム検索サイトNo.1】のサイトで日本全国の様々な施設を比較できますので、その中から気になるものをピックアップすることから始めてみることもお勧めです。
f:id:himawari0growing:20171003193938p:plain
いざ見学へ!となった場合、施設側としてはレクレーションなどのサービスの特色、各部屋のつくり、食事の内容など、施設としての売りや他の施設との違いを見てほしいものなので、訪問時にはそのような部分を中心に紹介されるだろうと思います。しかし見学者としてのわざわざ出向くのであれば、もっと他に見てほしい部分があります。

細かい内容については長くなりますのでまた別の機会にお話ししたいと思います。
himawari0growing.hatenadiary.jp


あと、この記事を書きながら「それでも実は施設職員もいつも暴力を受ける危険があるんだよな」という考えが浮かんできました。今回のお話とは真逆な視点ですがよろしかったらこちらもご覧になってください。
himawari0growing.hatenadiary.jp

今日も読んでいただきありがとうございました!
f:id:himawari0growing:20181029111842p:plain